身近に迫るネット犯罪の恐怖!最低限知っておきたい予防対策

注意する点が色々ある!SNSの利用時も対策をしよう

最近ではSNSが普及していますので、どれかにアカウントを持っている方も多いことでしょう。しかし、安易に投稿した内容によってトラブルになってしまうことや、現実での知り合いとの交流もあり得ることもあり、利用には十分注意が必要なのです。

SNSの中には本人確認が曖昧となっているサイトもあります。よって、実在する人物や組織といったものを装った偽のアカウントや架空のアカウントにより投稿することも発生しています。

偽のアカウントや架空のアカウントを悪用し、不正リンクを投稿するなどといったことも行われていて、SNSで関わっているアカウントが本物なのかどうかを確認することも大事になってくるのです。

SNSの中には、本人確認を済ませると公式アカウントとして登録されるものもあります。それは、有名人や公的機関などが主になっていますが、そういった有名人などの情報を入手するのであれば、きちんと公式アカウントがあるのかもチェックすることが賢明です。

各機関や有名人のサイトなどで公式アカウントの有無をチェックできるでしょう。実生活での知人や公式アカウントでない場合には、安易にアカウントをフォローすることや友達になることは避けることも手段の1つです。

短縮URLがありますが、これはSNSにおいて文字数制限があるために、URLを短縮して表示することができる外部サービスです。元のURLに比べて文字数が短くなるために、扱いやすくなるという利点があります。

ただ、ぱっと見た感じではどういったサイトにリンクしているのかがわかり辛いので、この機能を悪用しフィッシング詐欺ヤワンクリック詐欺に用いられることがあるのです。そういったことから、短縮URLをクリックするなら、慎重に行うことが大切です。

短縮URLは元に戻してから利用できるサービスもあるので、そういったものを活用することも一案です。それに、SNSのアプリをインストールする際に、連絡先情報へのアクセス許可を求めるものも存在します。

こうしたアプリには、個人情報を収集して得たメールアドレス宛に迷惑メールを送り付けてくるというものもあります。よって、連絡先情報にアクセスするアプリは、作成者の身元やどういった目的で作られたものかがわからないものは、一切使わないことが大事です。

現実での友人とのコミュニケーションを目的としてSNSを利用している方もいるかもしれません。しかし、プライバシー設定が十分ではないことや、他の方から引用されることにより、自身の投稿が意図しない形で拡散してしまうこともあり得ます。

ネット上に情報が掲載されるという点をしっかりと把握し、載せる内容には十分に配慮することが大事だということです。さらに、スマホのカメラやデジカメにはGPS機能が付いているものがありますが、設定次第で撮影日や場所、機種など色々な情報が盛り込まれていることがあります。

こうした情報が付いているかを確認せずにSNSに写真を投稿することで、自身の住所やどこにいるかといったことがわかってしまう怖さがあるのです。そうなると、迷惑行為やストーカー行為に繋がってしまう恐れもあるため、注意をして投稿をすることがポイントです。