身近に迫るネット犯罪の恐怖!最低限知っておきたい予防対策

自己防衛のためにセキュリティはしっかりとすることがカギ!

インターネットは便利であり、色々な情報を入手することもできますし、サービスを利用することも可能となっています。それに、世界の人たちと繋がることだってできるでしょう。

しかし、インターネット上にはいくつも危険が潜んでいるのです。ネット上で自身で安全かどうかを判断することは容易ではないかもしれません。事実、ネット犯罪をする者は至るところに隠れているものであり、広告や動画、メールといったものにマルウェアを仕組んでいることもあります。

マルウェアは1日で60,000個程度も作られていて、広告を通じるなどして配布されることや、ユーザーのパソコン等をウイルスに感染されるといったことがされているのです。この様な犯罪を防止するためには、慎重に物事を進めるだけでは不十分です。

オールラウンドに守ってくれるセキュリティソフトを使用することが必要ではないでしょうか。ソフトを使うと言っても、ウイルス対策やスパイウェア対策に加えて、新たな脅威を防ぐクラウドテクノロジーやファイアウォール、そしてフィッシング対策の機能も付いていることが望ましいです。

新に行われるようになっているネット犯罪は、ユーザー本人だけでなく周囲の人や職場までにも影響を与えかねないことも知っておきましょう。

個人情報やネットのデバイスの管理はしっかりと行うことが大事!

インターネットを、色々な用途で使用されている方も多いことと思います。交流を目的としてソーシャルメディアを利用されている方も多いかもしれませんが、気軽に個人情報を公開するなどしてはいけません。

ネット犯罪を企てる者にしてみれば、ソーシャルメディアは犯罪ができる恰好の場となっています。個人情報を盗み出すこともできれば、フォロワーや対象者の友人にメッセージを送る手法を悪用する犯罪もあるのです。

よって、もし個人情報を公開するなら最低限に留めることが大事です。投稿したことによって、犯罪者の目に留まり悪用される危険性があるからです。顔写真を公開している方もいますが、できるだけそうしたことも避けることが賢明ではないでしょうか。

さらに、インターネットに繋ぐことのできるデバイスはパソコンやタブレット、スマホと色々ありますが、そういった機器の管理も怠るわけにはいきません。その中でも小型であるスマホは紛失しやすいです。

また、盗難にも遭いやすいというリスクがあります。スマホの中から色々なデータを盗られてしまう恐れもあるのです。職場から支給されたスマホがある場合も十分に気を付けるようにしましょう。

持ち歩く機会も多くなるかもしれませんので、情報が漏洩しないために盗難や紛失には十分気を付けることが大事です。

これで安心?オンラインショッピングには不正利用保険がある

オンライン不正利用保険は、オンラインショッピングを利用した際に情報を盗まれ不正利用された場合に全額補償してくれる保険です。紛失・盗難保険で適用外の部分も補ってもらえます。

カード番号が発見されてしまう!?クレジットマスターの特徴とは

クレジットマスターは、無作為に数字を発生させクレジットカードの番号を割り出す犯罪行為です。世界規模の犯罪であり、予防策は確立されておらず、こまめにカード利用明細を確認することが大事です。

情報を抜き取られるな!スキミング防止カードも有効

スキムブラックカードを重ねると、クレジットカードなどの表裏どちらからでもスキミング防止となります。より強固にカードを守るなら、2枚のスキムブラックカードで挟む手段もあります。

カード犯罪の中でも危険!スキミングを防止するにはどうするか

スキミングの対策としては、エポスカードなどICチップが搭載されたものを使用することや、スキムブラックカードを用いることなどといった対策法があります。

Previous Posts

WordPress theme created by ThemeMotive.