身近に迫るネット犯罪の恐怖!最低限知っておきたい予防対策

被害に遭わないため!パソコンのOSやソフトにも気を配ろう

昨今では、パソコンやスマホなどといった機器や使うソフトなどの、弱い部分を突いて攻撃をされるという事例があります。では、どういった点に注意をすれば良いのでしょうか。まず、JavaやAdobe Reader、Adobe Flash Playerなどのアップデートはそのままにしないことが重要です。

更新の知らせが表示されたなら、きちんと忘れずにアップデートをしましょう。犯罪者は、ソフトの脆くて弱い部分を突きウイルスやトロイの木馬などを侵入されるのです。その中でも、OS以外のソフトのセキュリティーアップデートは見落としてしまう恐れがあるのではないでしょうか。

JAVAなどは特に、ネット犯罪に狙われやすいという特徴があります。また、OSのセキュリティーアップデートも注意が必要です。頻繁に行うこととなり面倒に思うこともあるかもしれません。

そういったことから、後でやろうとしてしまうこともあるものです。ただ、犯罪者はアップデートが完了するまでの時間を狙い、ウイルスを侵入させようとするでしょう。なので、例え多少時間を要したとしても、きちんとアップデートはしておかなければいけません。

メーカーサポートが終了しているOSもありますが、それらのサポートが終了したその瞬間というのは、犯罪者にとって攻撃をする絶好の機会となってしまいます。よって、古いタイプのOSをご利用になっている方は、できるだけ早いうちにパソコン自体を買い替えるなどといった対策をとることが大事になってきます。

ソフトウェアのサポートが終了するということは、サポートが終わってしまったソフトウェアの動作に関することや不具合についての問い合わせをメーカーにすることができなくなるということがあります。

それに、ソフトウェアに何かの欠陥があったとしても、更新プログラムが配信されることがないために、最新の状態にすることができないということです。更新プログラムが配信されないということは、特に重要になってくるポイントです。

セキュリティソフトに関しても、ウェブを改ざんすることや脆弱性を攻撃するなどといった手口について素早く対応してくれて信頼できるような業者のものを選択することが必要です。そして、いつでも最新の状態を保つことが賢明です。

もしOSやソフトのアップデートをしなければどうなるのでしょうか。OSやソフトの脆弱性には色々とありますが、個人情報を外部より盗み出されてしまうことや、ホームページにアクセスしたユーザーを悪意のあるページに転送することなどが行われてしまいます。

悪くいくと、システムが乗っ取られてしまい外部より遠隔操作されるということもあります。脆弱性の原因としては、半数以上がWebアプリケーションの脆弱性となっています。その理由は、それだけ多くのターゲットになっているからと言えます。

この様に、パソコンなどの機器はOSや中のソフトなどを最新の状態にしておくことが大変に重要になるということであり、アップデートを怠らないようにすることが大事だということです。