身近に迫るネット犯罪の恐怖!最低限知っておきたい予防対策

騙されないで!偽セキュリティソフト詐欺対策はどうするか

偽セキュリティソフト詐欺というのがあることをご存知でしょうか。Webサイトを閲覧した際にポップアップで『あなたのPCを無料で診断します。このリンクをクリック!』などという表示が出ることがあります。

この様にしてユーザーを誘導するのです。そうして、ユーザーがクリックするとウイルスに感染してしまっているという偽の結果を画面上に表示するのです。こうしてユーザーの不安を煽ります。

それからウイルス除去のソフトウェアダウンロードそしてインストールをさせようとします。ところが、このソフトウェアは危険をはらんでいます。インストールしてしまうと、偽のセキュリティ警告画面もしくは個人情報を入力させようとする偽の購入画面が出てくるでしょう。

個人情報の入力を促す画面は、入力し終えるまでは消えてくれません。偽のウイルススキャン情報の画面は、さも本物であるかのようにウイルス名が並べられていて、デザインに関しては実在のセキュリティソフトを真似したようなものになっていることがあります。

パソコンに便利なソフトなどをダウンロードすることがあるかもしれません。しかし、そういったダウンロードしたソフトには偽のセキュリティ警告を出す危ないソフトウェアが仕組まれていることが考えられます。

もしインストールしてしまうと、やはり偽の警告画面や偽の購入画面がポップアップで出てくるのです。また、ウェブサイトの広告で誘導するタイプもあります。犯人は、まず偽セキュリティソフトの広告が掲載されている、詐欺に使用するホームページを作成します。

詐欺用のホームページにはその時に話題になっている時事ニュースや芸能人などのキーワードが含まれています。検索サイトで検索をすることで上位になるように仕組まれているのです。

話題となっているキーワードで検索して訪れたユーザーが、偽セキュリティソフトの広告をクリックしてしまうことによって、偽セキュリティソフトのサイトに誘導されます。迷惑メールに詐欺用サイトのURLを記載して誘導するタイプや、詐欺用のサイトを訪れてしまっただけで危険なソフトウェアをダウンロードしてしまうというタイプもあります。

偽セキュリティソフトの詐欺被害には、世界で多くの方が遭ってしまっています。クレジットカードの番号を盗まれてしまい、金銭的な被害に遭ったというケースもあるのです。犯人にとって、偽セキュリティソフトの詐欺はお金を騙し取り儲けることができる手段であると認識されているということになります。今の段階では、英語で詐欺行為が行われることが主になっているものの、これまでには、一部で日本語の偽セキュリティソフトも見つかっていますので、注意が必要です。

パソコンに正規のセキュリティソフトを導入して最新の状態にすることで、偽セキュリティソフトを発見することができ、被害に遭う可能性をなくすことができるでしょう。もし偽のセキュリティソフトがインストールされてしまったなら、パソコンを初期化し、マルウェア(悪意のあるソフトウェア)などを検知して駆除することも大事です。