身近に迫るネット犯罪の恐怖!最低限知っておきたい予防対策

その入札等は大丈夫?オークションやショッピングの詐欺対策とは

今の時代は、ネットオークションで気軽に出品や入札をすることができますし、ショッピングサイトの利用も普及しています。しかし、ネットオークションやショッピングサイトも犯罪の舞台とされていることがあります。

ネットオークションやショッピングサイトで買い物をして、お金を振り込んだところ途端に連絡がとれなくなってしまうケースが発生しています。お金だけ騙し取り逃げてしまうという手口です。

それに、説明していた商品とは異なる粗末なものを送られてくることや、中身の入っていない空になっている箱だけを着払いで送ってくると言うケースもあるのです。こうした詐欺に通じて、きっちりとした安心取引を装うという点が言えます。

**************************
カードローンに申し込むなら安心できる大手消費者金融業者へ!
SMBCモビットで人気のWEB完結申込
**************************

オークションの場合は、事前にそれなりの取引実績を作成しておくということや、ネットショップのパターンでは、本当は実在しない取引実績や免状といったものを掲載しているということもあるでしょう。

被害に遭わないためには、あらかじめ相手がどういった素性であるかをチェックしておくことが必要です。ネットオークションにおいては、取引で利用した人が不満に思っていても良好であるという評価をすることもあるものです。

出品者がこれまでにどの様な評価をされたのかを見ることはあるかもしれませんが、その評価数(良いか悪いかといった)だけでなく内容まで確認することが大事です。それに、同じ相手との取引が多い出品者の場合は、取引実績を偽っていることも考えられます。

それに、高額であり同じ商品のみを同時かつ大量に出品している相手も、詐欺である可能性があることから注意が必要です。共同購入のようなショップにおいても、規定数に達していないのに集金をしようとする場合には、もしかしたら逃亡されてしまう可能性がないとは言い切れません。

出品者などの名前や社名、メールアドレスなどをネットで検索してみることも一案です。そうすることで、これまでに被害に遭った方がいれば何等かの情報を発信しているかもしれないのです。

もし、取引が大掛かりなものになるなら、相手の事業が信頼できるものであるのかを細かに調べることも大事です。最低限でも、住所や電話番号が分からない相手とは取引をしてはいけません。

近くにあるお店や大手のネットショップで購入できる商品を、わざわざよくわからないようなネットショップ等で購入することはリスクがありますので、避けることが賢明です。もし被害に遭った場合はまずクレームを入れることが一番です。

それで埒が明かないなら、国民生活センターや警察などに相談をすることが適しています。もし相手が逃げてしまってからでは、なかなか解決することが簡単ではなくなってしまうからです。

ネットショッピングの業者選びでは、オンライントラストマークやプライバシーマークがついているかどうかのチェックも重要です。オンライントラストマークがついている業者では、返品特約が設けられているため、万が一の際にも安心です。